SSブログ
前の10件 | -

非正規春闘統一行動を実現

 2月26日(金)午後6時より、ユニオン事務所近くの名古屋駅東口付近にて、コミュニティユニオン全国ネットワークの「非正規春闘統一行動」の一環として、街頭宣伝を行いました。諸般の事情で、予定より少なく参加者は5名規模でしたが、一時間ほどの行動で、沿道の労働者・市民にアピールしました。


 この行動は、「コロナ禍だからこそ、最低賃金の引き上げを! 最低賃金今すぐどこでも時給1000円以上! そして時給1500円をめざそう!」と、「必要のない有期雇用をなくし、無期雇用をめざそう! 非正規雇用差別をなくそう!」をスローガンとして、特に非正規労働者が低賃金や雇用不安を被っている現状を打開するための、春闘の取り組みでした。最低賃金引き上げを訴える横断幕と、ユニオンののぼりを掲げ、全国ネット作成の最低賃金を訴える表面と、当ユニオン作成の、議論に基づき労働相談や生活支援制度の紹介をした裏面とで構成したチラシを配布しながら、ハンドマイクでのリレートークを行いました。緊急事態宣言が今月末で解除にすると菅首相が本日表明しましたが、なおコロナの影響が続く中、こうした街頭宣伝も珍しいかもしれず、折からのリコール署名偽造問題で街頭宣伝全体に対する悪印象が増したかもしれないですが、それでも生活の厳しさの影響か、高校生がチラシを受け取ったりなど、一定の関心を持ってもらえたようでした。


 こうした社会に訴える活動も、労働組合として、取り組んでいく必要があります。23日(火)には、関西生コン労組つぶしの弾圧を許さない東海の会が主催した学習会に、当ユニオンからも参加しましたが、労働組合の闘いは厳しさを増しています。それに対して、社会的に声をあげていくことも、ますます問われます。コロナ禍も長期にわたり、影響も継続していますが、がんばっていきましょう。



nice!(0)  コメント(0) 

碧海工機第四回審問・『ふれあい通信』

 2月25日(木)午後3時より、名地裁岡崎支部にて、碧海工機仮処分申立の第4回審問が開かれました。今回も支援の組合員が数名参加して、債権者(原告)4名を勇気づけました。原告としてはあくまで再雇用を求めることを基本にしています。次回は3月24日(水)午前11時からですが、11日(木)には別の一名と関連会社ミドリの一名の審問(前者は午後3時半からに変更になっています。後者は午後4時から)が開かれます。また、9日(火)には愛知県労働委員会の第二回調査が午後1時半から開かれます。ご支援をよろしくお願いします。


 また同時に、ユニオン事務所では午後2時から『ふれあい通信』の製本・発送準備作業を行い、午後6時半からは機関紙担当者会議も行いました。『ふれあい通信』も、毎月一回の発行を維持しながら、毎号検討しつつ、新たな連載企画を始めたりなど、工夫をしていますが、組合員のための発行物なので、投稿や声もお寄せいただければ幸いです。すべての希望にお応えできるかは保証しかねるとはいえ、アンケートもそうですが、なるべく保証していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 

第2回組織強化会議&第1回予算委員会

 2月19日(金)午後6時半から、ユニオン事務所(Zoom併用)にて、第2回組織強化会議を開催しました、今回は運営委員の半数を超える参加で行いました。


 議題はまず、定期大会の持ち方についてでした。次期定期大会は5月23日に予定しているのですが、このコロナ禍の中では、開催についての配慮が、昨年に続き必要になります。というので、延期の可能性や、感染予防策について、話し合いました。また、コロナ禍の下では、参加人数についても配慮が必要になることとも関係して、定期大会に参加する人数が増えつつあることへの対策として、他のユニオンで採用されている例のある代議員制の導入についても、検討しました。


 次に、大会も関係しますが、コロナ禍下でのユニオン活動の対処に関しての議論をしました。この間問題になってきていることとして、Zoomなどの活用や、コロナ感染者がユニオンの身近なところで発生した際の対処などについて検討しました。


 直面する大きな問題ということもあり、予定より長引き、休憩を挟んで引き続いて開催した第1回予算委員会は、午後8時40分からとなりました。この委員会は、定期大会に提案する予算案を作成するために、運営委員が担当する各プロジェクトごとに予算要求を出し、それを検討し合ってまとめる場です。予算については、他方で、組合費検討会議を、2月2日に行い、また22日に第2回を予定しています。これは組合の予算を保証する組合費をいかに確保するかを中心に検討する会議です。


 これらの会議は、運営委員だけでなく、組合費を支払い、組合の活動をどう進めていくか財政面からも関心をもっている組合員の方々も参加して、意見を出していただくと良いです。定期大会でも予算の討議は行いますが、実際問題として、時間があまりとれず、突っ込んだ話は困難なところがあります。事前の段階での議論に参加していただく方が実があると思いますので、よろしくお願いします。







nice!(0)  コメント(0) 

浅賀井製作所裁判、など

 2月15日(月)午前11時より、名古屋地方裁判所にて、浅賀井製作所裁判が開かれました。この裁判は、非正規のブラジル人労働者で、分会員でもある原告5名が、日本人正社員との賃金差別を問題にしているのですが、賃金差別というと、基本給・賞与の他、退職金の問題もあり、この退職金についても、分会として、取り組むことを検討しています。


 次回の裁判は3月24日(水)午後2時から開かれます。ご支援をよろしくお願いします。


 話は変わりますが、さる2月11日夜、NHK名古屋放送局制作の「ワタシたちはガイジンじゃない! 日系ブラジル人 笑いと涙の30年」がNHK総合で放送されたのですが、ご覧になったでしょうか。イッセー尾形の一人芝居(脚本 宮藤官九郎)を、名古屋の中駒九番団地で公開上演した模様を、昨年末NHKBSで放送したものを、改めて採りあげたのですが、筆者はこの番組で、日系ブラジル人組合員がしばしば「差別」と語るのはなぜか、考えさせられるところがありましたが、皆さんはいかがでしたか。「ガイジンとしてでなく、人間として接して欲しい」とこの芝居では訴えていましたが、私たちユ二オンとしては、ユニオンの日本人・外国人組合員同士の団結を強めることが問われます。この団地でも、だんだん変わってきたところと、なお問題のあるところとあるように、ユニオンとしても、継続する課題として、取り組んでいきたいものです。

nice!(0)  コメント(0) 

交渉ミーティング・第5回運営委員会

 2月13日(土)午後3時より、ユニオン事務所(Zoom併用)にて、交渉ミーティングを開催しました。運営委員と交渉当事者とが半々、10名規模の参加者でした。


 今回の交渉ミーティングも、分会の取り組みや、労働委員会・裁判や、個人での交渉についての概要を確認した後、交渉当事者の、それぞれの現状や取り組みの紹介・交流をするという流れでしたが、今回は特に、解雇問題・パワハラ問題に直面した当事者同士の間で、大変な闘いを終えた当事者が、これから闘いに臨もうとする当事者を励ます、というかたちでの交流を深めたのが、良かったと思われました。


 次回はちょうど一か月後、3月13日(土)午後3時から行います。交渉当事者が元気の出るミーティングになるように、多くの皆さんの参加をお願いします。


 そして午後6時からは、同様にユニオン事務所(Zoom併用)にて、第5回運営委員会を開催しました。今回は通常の議題の他、5月に予定している定期大会に向けてのスケジュールを詰めたり、交渉ミーティングでも確認した分会・個人の取り組みや、コロナ対策をどう進めるかについて突っ込んで議論したりしたのが特徴的でした。コロナ禍の中での闘いは続きますが、今年は例年の一か月遅れで定期大会を開催するなど、工夫しながら取り組みをつづけていく予定です、皆で協力していきましょう。



 


nice!(0)  コメント(0) 

碧海工機第三回審問、など

 2月4日(火)午後3時より、碧海工機におけるブラジル人契約社員の雇止め問題に関する、地位保全・賃金仮払いを求める申立についての第三回審問が、名古屋地裁岡崎支部で開かれました。今回はこれまでの債権者(原告)4名に加え、新たに1名(Mさん)が加わったのですが、この1名については形式としては別に開かれました。そして午後4時から関連会社ミドリの審問が開か荒れましたが、原告(1名)は電話での参加となりました。会社側は雇止めは4月に決めたと妙な弁解をしてきたりしていますが、参加した原告5名、弁護士3名、支援の組合員6名は、今後もがんばろうと確認しました。


 なお、次回は、碧海工機4名については2月25日(木)午後3時から、1名については3月11日(木)午後3時から、ミドリについては同日午後4時から、開かれます。引き続きご支援をお願いします。


 また、この日は、Zoomを利用しての労働法制改悪反対実行委員会の会議が正午から予定されていましたが、当ユニオンからは参加できませんでした。このかん11月9日・12月17日とZoomを利用して開催されてきましたが、コロナ禍の拡大と関連して解雇問題がなどが続出する中、労働法制に関しても、30日の東海ネット会議で岡本事務局長が報告してもいましたが、解雇の金銭解決問題や、「雇用によらない働き方」が焦点になりそうです。労働者に犠牲を強いる動きに対して、今後も頑張って立ち向かっていきましょう。




  

nice!(0)  コメント(0) 

東海ネット第21回交流会議を開催しました

  1月30日(土)午後、当ユニオンが事務局を務めるコミュニティユニオン東海ネットワークは、ウインクあいちにて、東海ネット第21回交流会議を開催しました。Zoom参加を含め、13団体24名の参加でした。


 例年、この時期に東海ネット交流会議を開催しているのですが、今回は緊急事態宣言が発出されているなかでの開催であり、事実上「代表者会議」というかたちで各ユニオンからの会場への参加者を限定し、Zoomを付随して併用しました。内容は全国ネット・各ユニオンからの報告や、今年7月頃岐阜で開催予定の交流合宿、12月4・5日開催予定の静岡での全国交流集会について、東海ネットとしての取り組み・関係強化について、などでした。参加した皆さん、お疲れ様でした。


<追記(2月26日)>『ふれあい通信』での記事に基づき、表題等、加筆修正していますので、ご了承ください。


nice!(0)  コメント(0) 

『ふれあい通信』発行します

 2月1日付発行の『ふれあい通信』を、1月28日(木)に製本・発送準備作業をしたうえで、29日(金)に発送しました。それに先立ち、27日(水)には印刷をし、午後6時から編集会議を行いました。参加した皆さん、お疲れ様でした。

 今号の『ふれあい通信』では、久しぶりに連載記事の「働く!ふれあい組合員」の新投稿記事が掲載されています。また、「ユニオン北から南から」と題して、各地のユニオンの先進的な活動を紹介する新連載を開催しました。このように今、連載記事をいろいろと工夫するなど、執筆してくれる方、また読者をより増やすようにしたり、機関紙担当の人数や会議も増やしたりなど、試行錯誤中です。ご意見を出していただくなど、ご協力をよろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 

碧海工機労働委員会、第一回調査

 1月27日(水)午前10時より、愛知県庁西庁舎内にて、碧海工機労働委員会が開かれました。当ユニオンの碧海工機分会員の雇止めについては、裁判所でも仮処分を申し立てていますが、同時に不当労働行為でもあるとして、当ユニオンは救済申立を行い(12月16日)、今回は第一回調査が行われました。当ユニオンは当事者・補佐人として、委員長や分会員らが6名、通訳の方1名と共に、参加しました。


 調査は、3名の労働委員が、提出した書面についての質問をユニオン側、会社側、それぞれに対して、相手が不在の状態で行うというかたちで、2時間程度、行われましたが、申し立てた当ユニオンとしては、事情を知っている、仮処分申し立ての原告でもある分会員も参加してくれたので、書面の補足説明もより可能となり、良かったです。


 次回は3月9日(火)午後1時30分から行われます。ユニオン側、会社側、それぞれが、労働委員から求められた書面を準備して提出する必要があります。その意味では、裁判と似たところがありますが、裁判よりは、発言する機会もあって、興味深かったでした。委員長も以前不当労働行為の直接の当事者として奮闘した経歴もあり、頼もしくもありました。参加した役員・分会員も、裁判も並行して行ったりという状況で、大変さもありますが、雇止め問題の解決と碧海工機分会の前進をめざし、皆さんのご協力・ご支援を、よろしくお願いします。



nice!(0)  コメント(0) 

豊橋学習会を開催

 1月23日(土)午後6時半より、豊橋カリオンビルにて、豊橋学習会を開催しました。緊急事態宣言が出された中で、会場使用上も注意しながら行いましたが、活発に行うことができました。


 今回は、最初にコロナ感染が三河でも拡大していることや、ユニオンも無関係でなくなってきつつあることや、「コロナ改正法案」の問題点や、第3次補正予算案での経済支援策などについてなど、コロナ禍にかかわる問題を採りあげ、次に、最近上場企業でも希望退職を募る上場企業が増加しているという問題を採りあげました。いずれも今年に入ってからの新聞記事を題材としましたが、参加者にとってそれぞれ思い当たることのある問題でもあり、感想も活発に出ました。


 緊急事態宣言の下、午後8時までとの時間制限があり、あわただしさもありましたが、開催できて良かったです。次回は3月6日(土)、同様に、午後6時半から、豊橋カリオンビルで行います。事態次第で変更の可能性もありますが、とりあえず、よろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -