So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

パワハラ問題学習会に参加

 2月9日(日)午後1時半より、名古屋市のイーブルなごやにて、主催:女性ユニオン名古屋、共催:ユニオンみえ・名古屋ふれあいユニオン・ユニオンと連帯する市民の会 で、いじめ・メンタルヘルス労働者支援センター代表 千葉茂さんを講師にお招きして、学習会「パワハラ防止法をユニオン活動にどう活かすか」を行ないました。主催は東海ネットに加盟する各団体であり、千葉さんも全国交流集会でもお世話になる全国ネットの運動の先輩です。当ユニオンの組合員・賛助会員が10名近く参加したほか、会場いっぱいの参加者で、賑やかに行なうことができました。


 講演は、1時間半ほどで、「職場のハラスメントについて」を副題にして行なわれました。パワハラ防止法に対する評価の問題もあり、どう活かすか、という観点にこだわらずに、ハラスメントについて話したいという趣旨でした。実際、ハラスメント全般について、しかもユニオン活動と関連づけて話していただきました。


 最初にイントロダクションとして、職場のハラスメント(いじめ)とは、についての説明でした。まずパワハラが、労働者の尊厳を否定されることであり、それを会社の側から“調整”しようとするのが防止法であり、包括的禁止になっていない、としました。そして、使用者はパワハラでないところで働くようにする安全配慮義務がある、としました。


 次にパワハラ防止法をめぐって、個人の指導上の行き過ぎの問題ととらえ、企業の措置義務という形をとったにとどまり、人権・労働問題とみなす労働者側には活用しにくい、との評価をしました。そのうえで、職場のいじめ問題がクローズアップされるまでの経緯を紹介しました。90年代に入ってから、モラルハラスメントとの言葉がヨーロッパで使われ、精神的健康を傷つけることが問題化され始め、日本でも2000年代になって精神的苦痛を与える行為を問題とし、トップマネージメントの責務とされ始めたが、「働き方改革実行計画」の実現をめぐる議論の中で、要件が厳しくなり、「精神的」苦痛も削除される方向で「パワハラ防止法」が成立したとのことでした。そのためこの法は、パワハラか否かの線引きの話になり、パワハラ行為への罰則規定もなく、防止の実効性は確保されない、とし、法律違反かどうかだけでなく、正義か否か、不当か否か、を問うユニオンの出番だ、としました。そのうえで、法成立に付帯決議を採択させた世論の力で、昨年6月のILO条約採択に政府を賛成させた、とし、しかしこの条約の批准には法改正が必要となる、として、本当の労働者の保護法を、と呼びかけました。そして、労働契約法では労使間の労働契約に関するルールを明確化したもので、契約内容は実際には力関係で決められるので、就業規則にパワハラについて明記したり、安全配慮義務規定を活用したりが可能だとしさせるべきました。


 そのうえで、労働者の職場環境について、まず会社がストレスを作っていることを明らかにしたうえで、人間を評価し、コミュニケーションを実現するのではなく、個別分断化を進め、声を挙げられないように被害者を追い込み、人格権を侵害し、労働法違反が進んでいる。労働相談を受ける側さえ深刻な状況になっているほどだ、としました。そしてパワハラを取り巻く情勢について、職場のいじめの実態をふまえ、早期に発見し対応する必要がある、実態としては、加害者・被害者・観衆(同調者)・傍観者という構造があり、人間関係がバラバラにされる。こうした実態は世界的傾向でもあり、何とかしようと捉える人が必要、としました。


 そこでどう対応するかについては、じわじわと劣化する職場環境に声を挙げないといけない、労働者はそれができるし、逃げて環境を変える手段もある、ユニオンは環境改善の役割を果たす必要があるし、パワハラ問題は予防・早期対応(まず具体的に、その後法の活用)・相談へのユニオンとしての取り組みが大事、とし、労働者は職場を治療し人間関係という最大の労働条件を実現しようと呼びかけて、講演を終わりました。


 休憩後、参加者の質疑応答・感想に移りました。法の活用の方途を探る意見、多くは確信犯である企業に対しては強く出るべきとの意見、日本のパワハラは理解できないとのボリビア人の意見、孤立化が職場だけでなく市民生活に広がっているとの意見、職場では自分も巻き込まれ悩んでいるという意見、人間関係づくりの方法を学ぼうとの意見、いじめは悪質化しているとの意見、自殺者が減ったというのはトリックで、実際は減っていないし、表面化したり、労災認定は、ほんの一部との意見、若者は仕事で苦労しており、SNSで労働組合を知らせていこうとの若者の意見・・などなど、意見は次々に出て、閉会時間が来てしまいました。千葉さん、参加した皆さん、ありがとうございました。お疲れ様でした。

 


 

nice!(0)  コメント(0) 

ユニオン学習会・第10回運営委員会など

 2月8日(土)午後1時より、ユニオン事務所にて、ユニオン学習会を行ないました。「20春闘について」をテーマにしましたが、分会からも含め、10名を超える参加者でした。


 最初に春闘とは何か、20春闘の現状はどうか、について、新聞記事を参照しながら検討しました。戦後早く、50年代に始まった春闘は、労働者にとって切実な賃金引き上げを要求した、労働組合の統一と団結の力を発揮する、労働組合の重要な闘いですが、残念ながら、全体としては、経営側の「横並びは悪だ」との姿勢に屈して、産業別、さらに企業別にばらばらで、企業に貢献したと見なされた一部のエリート労働者ばかり優遇するわずかな賃上げをめざして相互に組合員同士を競争させるような、組合員にとって縁遠い「闘い」になる傾向が強まってきてしまっているのではないかというような、現状についての意見も出ました。その中で私たちのユニオンは、全国ネットの呼びかける全国統一最賃行動を、「非正規春闘」の一環として2月21日(土)に取り組むことにしていますが、最賃だけでなく、また非正規労働者だけでなく、職場分会を中心に春闘を各職場で取り組もうという、意気込みで、がんばっていこうという意見も出て、実際にこのかん賃上げ要求を出して交渉を重ねてきた分会の事例の検討も行ないました。次の職場分会の打ち合わせの時間が迫り、議論は中途になってしまい、残念でしたが、活発な議論にもなり、実際の取り組みにもつながる、元気の出る学習会になりました。


 職場分会の打ち合わせも活発に行なった後、午後6時から、第10回運営委員会を行ないました。職場分会の打ち合わせに参加した分会の組合員も傍聴参加してくれた中、4月の定期大会の準備についての確認が中心になり、早めに終わりました。とはいえ、運営委員会後も、職場分会の打ち合わせや、大会に向けた運営委員の各担当の打ち合わせなども重なり、忙しくはありましたが、元気の出る一日となりました。


 労働組合の現状は容易でなく、ユニオンの取り組みもまだまだ試行錯誤もありますが、温故知新と若い新鮮な発想も生かして、がんばっていきましょう。


 

nice!(0)  コメント(0) 

ヒサダ裁判

 2月6日(木)午後3時より、名古屋地裁岡崎支部にて、ヒサダ裁判が開かれました。原告側からは、分会組合員Hさんをはじめ、代理人の塚田弁護士、お願いした通訳の方が出席し、さらに傍聴支援のために、三河支部の組合員数名と鶴丸委員長が参加しました。この裁判は、Hさんの雇い止めをめぐり、地位保全・賃金仮払いを求める裁判なのですが、今回は、被告の会社側が雇い止めの理由として「職場環境を害する粗暴な言動」があったとし、それを立証するとして従業員の証言を集めてきているが、それは単なる口実でしかないと反論する書面を提出したうえでの、前回に続く第二回審尋という手続きを行ないました。裁判官は双方の意見を聞きながら裁判を進め、次回は、原告としてはHさんの賃金仮払いの必要性に関する文書をさらに提出し、そのうえで、3月16日(月)午後3時から行なうことになりました。


 Hさんも裁判を粘り強く闘い、塚田弁護士も奮闘されています。ヒサダ分会、三河支部、そしてユニオン全体で、協力しながら、今後もがんばっていきましょう。


 

nice!(0)  コメント(0) 

第2回組織強化会議&第1回予算委員会

 2月3日(月)午後6時半より、ユニオン事務所にて、第2回組織強化会議&第1回予算委員会を開催しました。10人規模の参加で、ユニオンの今後に関する重要な問題についての活発な議論を行ないました。


 まず組織強化会議を行ないました。最初に専従体制について議論しました。来期の体制について、大枠については構想できたものの、細かくはまだ詰め切れないところがありました。専従体制を充実させる必要性と、それを保障する財政の問題との兼ね合いが難しいところでした。それもあり、次に組合費・財政について議論しました。来期は組合費については修正の方向で、このかん組合費検討会議を開催して議論を重ねてきたのですが、その結果決めた修正案について紹介され、基本的にはそれで良いという話になりました。また財政については、今期の予算と実績との比較を行いました。まだ詳細な計算はできていないものの、実績は予算と大差なく、また赤字にもなっていないようなので一安心でした。また来期の予算については、厳しい財政事情はありながらも、専従体制や外国人組合員増加など、ユニオンにとっての重要な問題を保障する方向で案を作っていこうという話になりました。最後に、外国人組合員の増加との関係で、外国人労働者の組織化をどう進めていくか、それと関係するが、外国人組合員が活発に活動している三河支部をどうユニオンとして位置づけるか、について議論しました。改めて三河支部の位置づけというと考えさせられもしますが、対象は三河とその周辺で働き、住んでいる労働者でり、組織としては支部として、本部(というのかどうかわかりませんが、事務所のある名古屋)とさらに連携し、支援も受けながら、活動していくことを確認しました。


 続いて第1回予算委員会を開催しましたが、ここでは、種々のユニオン活動に必要な予算を、それぞれの担当者が提案し、それを検討して、来期の予算をつくっていくことを確認したうえで、提案書を18日(火)までに書いてくることとしました。時間があまりなく、議論を深めるということまではできませんでしたが、今後、それぞれの案を練り合わせて全体的な案をつくっていくこととなります。


 これらの確認にふまえ、次回の第3回組織強化会議&第2回予算委員会を、26日(水)午後6時半から開催します。ユニオンも世代交代の必要性、担い手の育成問題、運営体制の再構築の必要性、なども課題で、この点などについて議論し、また予算提案署の内容確認なども行なう予定です。運営委員だけでなく、ユニオンの組織としての強化に関心のある組合員の皆さん、これまで以上に、参加をよろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0) 

コミュニティ通訳講座に参加

 2月2日(日)午後1時より、名古屋市のイーブルなごやにて、外国人ヘルプライン東海が主催して、「通訳者と外国人支援者のためのコミュニティ通訳講座」の第2回「労働に関する相談の通訳」が開かれました。講師に、外国人ヘルプライン東海の活動もされている行政書士の清水由佳さんとともに、当ユニオンの浅野副委員長をお招きいただきました。外国人ヘルプライン東海は、外国人支援の活動をされているボランティアの方々の団体で、当ユニオンも、通訳や、裁判資料の翻訳などをお願いしています。この講座も、会場いっぱいの参加者で賑やかでした。当ユニオンからは、浅野副委員長とともに、筆者も参加しました。


 講座ではまず、外国人ヘルプライン東海の後藤代表が、団体の自己紹介と、この講座の趣旨を述べるあいさつをされました。続いて清水由佳さんが、「労働と在留資格」と題して講演されました。在留資格とは何か、外国人労働者の受け入れの経緯、「技術・人文知識・国際業務」「技能実習」「特定技能」などの在留資格について、今後の外国人労働者の受け入れがどう進められるか、ヘルプラインの相談例、東京(外国人労働者数1位)と愛知(同2位)の外国人労働者における在留資格の構成比の違い、などについて説明していただきました。制度の難しさも感じましたが、同時に、外国人にとって、在留資格や在留期限が需要な問題になること、外国人労働者受け入れを拡大する政策を進めつつあり、いろいろな要件があったり、企業も一定の受け入れのための対応が必要だったりするのだが、問題点もいろいろあること、などを考えさせられました。講演後の質疑も活発にされました。


 休憩後、当ユニオンの浅野副委員長が講演しました。講演ではまず、当ユニオンの自己紹介を、先日できあがったばかりのリーフレットをさっそく活用して行なった後、外国人の労働相談をどう進めてきたか、その特徴や困難点はどこにあるか、通訳の必要性、今後の外国人問題の見通しとユニオンの課題、擬態的な相談例、などについて話されました。筆者はユニオンでやっている活動を整理して再確認することができて良かったのですが、他の参加者の方々は、どうだったでしょうか。ただ、質疑がここでも活発にされたので、良かったと思います。


 そして最後に、参加者が、あらかじめ数グループに分かれて座っていたのですが、そのグループごとに、通訳のスキルアップを図るという趣旨で、グループワークとして、「派遣切り」「雇い止め」「生産調整」という言葉を、どう通じる言葉に言い換えるか、という課題に取り組みました。参加者は通訳志望の方もそうでない方も、また、労働問題に詳しい方もそうでない方もみえたようですが、当方も難しかったですし、出されたそれぞれの答にコメントした浅野副委員長も、的確だったようですが、内心大変だったかもしれません。通訳というのは難しく、記憶力・理解力・表現力など、さまざまな能力が必要になるのだと、シロウトながら思わされました。


 いろいろ学ぶこともでき、講師に呼んでいただいて、良かったです。今後も外国人ヘルプライン東海の皆さんとも協力しながら、外国人・日本人ともどもユニオンの活動を進めていきたいと思わされました。ありがとうございました。

 

nice!(0)  コメント(0) 

三河支部会議を開催

 1月26日(日)午後1時より、岡崎げんき館にて、三河支部会議を開催しました。各分会からの参加を含む10数名の参加で行ないました。


 今回はヒサダ・浅賀井製作所・碧海工機・そして新たに結成したツルタテクノス(碧南市)の各分会員が参加しており、議題も各分会の取り組みについての検討と、三河忘年会など、このかんの三河支部を中心とした取り組みの確認を中心に行ないました。午後3時までしか会場が使えないので、ややあわただしい会議となりましたが、活発で率直な意見がいろいろ出て、内容豊富でもありました。


 団交・裁判・その他の活動も重なり、忙しいですが、時々の議論も大切にしながら、取り組みを進めていきましょう。次回の三河支部会議は、3月1日(日)岡崎げんき館で行ないます。今回も会場の都合で午後1時からになってしまいますが、限られた時間を有効に使いましょう。

nice!(0)  コメント(0) 

東海ネット交流会議・『ふれあい通信』製本・発送準備作業

 1月25日(土)午後1時より、コミュニティユニオン東海ネットワーク第20回交流会議が、東別院会館で開かれました。14団体・30名を超える規模の参加者で、活発な議論を行ないました。事務局を務める当ユニオンからは、10名規模の参加で臨みました。


 まず広岡代表・全国ネット岡本事務局長からのあいさつを受けた後、議題として挙がった課題の検討に入りました。最初に、今年は岐阜で行なわれる東海ネット交流合宿について話し合いました。まだ日程も決まっていない段階なので、日程調整から話が始まりましたが、6月に開催することをめざして、岐阜一般労組を中心に今後の準備を進めることを確認しました。次に来年の全国交流集会を静岡で開催する件について、東海ネット全体で協力して取り組むことを意志一致し、今後、準備を開始していくことを確認しました。次に国連人権理事会で打ち出された「ビジネスと人権に関する指導原則」をユニオンの活動に生かしていくことをめざした取り組みを進めていくこと、その一環として、シャープ闘争を継続中のユニオンみえが活動する三重で集会を7月に開催することをめざすことを確認しました。


 休憩後、参加者から議題としてほしいと提案があった、悪徳弁護士や悪徳派遣会社に対する対抗策や、東海ネットも参加している労働法制改悪反対実行委員会の取り組みに関しての検討を行ない、最後に、各団体から、それぞれが主催する集会などへの参加の呼びかけがされ、その他、新たな取り組みとして、学者・知識人との連携とか、労働委員会への関わりとかが提案されましたが、閉会時刻の4時半前になり、時間切れで、継続して検討していくこととなりました。会議後、懇親会を行ないましたので、そこでも交流も深めつつ議論も進めました。


 他方、同時にユニオン事務所では、この日しか都合が良くなかったため、10名規模の参加で『ふれあい通信』の製本・発送準備作業を行ないました。そのため、会議に参加できなかった組合員もいましたが、『ふれあい通信』の一定部数を、会議に間に合うように準備し、会議で参加者に配布することができました。会議で参考資料として活用する場面もあり、それも含め、協力し合ってそれぞれ成功させることができました。東海ネット全体の力をもっと発揮しようという会議冒頭での広岡代表の呼びかけもあったように、今後も東海ネット、そして名古屋ふれあいユニオンは、協力して、奮闘していきましょう。







nice!(0)  コメント(0) 

1・19集会に参加

 1月19日(日)午後2時より、栄・久屋広場にて、「安倍政治の私物化、モラル破壊、許さない! 市民と野党の共闘で安倍政権を退陣させよう! 1・19集会 デモ」(主催 安倍内閣の暴走を止めよう共同行動実行委員会)が開かれました。日曜日の昼ということもあってか、700名の参加で盛り上がり、当ユニオンからも組合員・賛助会員合わせて10名規模で参加しました。


 集会では主催者あいさつや、各政党のアピールで、安倍政権が憲法破壊と政治の私物化の姿勢をますます露わにしていると批判する発言が続きました。歌も披露され、そこではコールも交えていたのですが、自衛隊の中東派遣反対とも訴えられていました。そして午後3時からのデモも、栄を一周したのですが、休日での賑わいとも重なり、賑やかに行なうことができました。集会後、喫茶店で休憩したのですが、そこでも感想として、自衛隊の派遣問題など、安倍政権の追求の危険性とそれに対して関わっていく必要性を感じたとか、命を軽んじる労働も戦争も、労働組合は容認できない、とかの話になりました。


 ユニオンはこうした取り組みも、進めていく必要を考えさせられました。参加した皆さん、お疲れ様でした。

nice!(0)  コメント(0) 

ヒサダ団交・交渉ミーティング・豊橋学習会

 1月16日(木)午後3時より、ヒサダ団交を行ないました。今回はA組合員の定年後の時給引き下げ問題を巡って行ないました。A組合員らヒサダ分会からのほか、委員長・支部長らも参加しての交渉でした。合意には至りませんでしたが、解決に向けて継続して臨む予定です。支援をお願いします。


 こうした団交や裁判などの取り組みを検討する場として、1月18日(土)午後3時から、ユニオン事務所にて、交渉ミーティングを行ないました。10名規模の参加で、ユニオン全体での交渉・裁判などの現状を確認したうえで、参加者からの報告を受けて交流しました。ユニオン全体では、分会も増え、交渉・裁判も増えていますが、解決に至った案件も増えつつあります。協力してがんばっていくことを確認しました。(次回は2月は行なわず、未定です)


 午後6時半からは、豊橋カリオンビルにて、豊橋学習会を開催しました。参加者の近況確認の他、1月11日に岡崎で行なった「外国人差別」をテーマにした学習会の内容の検討ををここでも行ないました。参加者もユニオンだけでなくそれぞれ外国人が身近な存在になっていて、どうかかわるかなども話になりました。次回は2月22日(土)午後6時半から、豊橋カリオンビルで行ないます。よろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 

ユニオン学習会・第9回運営委員会

 1月11日(土)午後1時より、岡崎げんき館にて、ユニオン学習会を開催しました。今回は、「外国人差別」をテーマにしたため、外国人組合員が多い三河で、三河支部会議の会場でもある岡崎げんき館で行ないました。10数名の参加で、率直な意見が出たりもして、意義ある学習会となりました。


 前半では、「ブラジル人の賃金差別」の是正を求めて裁判の準備を進めているケースを題材に、賃金差別の不当性をどういう内容で示していくかの検討を行ないました。どういうケースなのかの具体的な内容の話ばかりでなく、「外国人だから」という理由で、賃金に違いをつける理不尽を、理屈で明らかにするのみならず、運動の力で現実的にも変えていく必要があるのではないかとか、「正社員と同じ仕事を長年やってきて、どうして正社員と同じ扱いを受けないのか」という怒りの裏には、日本で暮らしていくうえで、賃金ばかりでない問題があるとか、さまざまな意見が出て、盛り上がりました。


 活発な意見交流によって時間が少なくなってしまいましたが、後半では、外国人差別についての相談窓口の紹介を含め、先の日本での暮らしで差別や困りごとがどんなことがあり、どうしていくかについて検討しました。日本人の筆者も気づかされる点もあったりして、外国人の現状を改めて思い知らされたりもしました。


 時間が限られて消化不良ではありましたが、貴重な時間となったかと思います。外国人組合員も多い私たちユニオンにふさわしく、このテーマも継続して扱っていく必要を改めて確認しました。


 そして午後6時からは、ユニオン事務所にて、第9回運営委員会を開催しました。今回は、定期大会に向けての段取りにかんする議論が中心となり、8日に開催した組織強化会議での議論を踏まえての検討も併せて行ないました。情勢的にも、アメリカ・イランの軍事的な緊張関係の中での自衛隊派遣問題や春闘がある中で、ユニオンとしては19日の集会や非正規春闘など、地道に取り組んでいくだけでなく、いろいろな活動を並行して進めていくとともに、新たな活動も進めていくことも検討を進めていくことなども話題となり、ユニオンにとっては年が明けて来期に向けて忙しくなっていく時期を迎えるにあたって、積み上げていくステップになった運営委員会でした。


 定期大会まで3カ月、次期の新たなスタートを目指して、日本人・外国人ともに、組合員皆で奮闘していきましょう。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -